2005年08月07日

訃報2

本日16:30、うちの白兎『しろ』(ひねりもへったくれもない)が亡くなりました。
享年6歳。ウサギの世界からしたら立派なおじいちゃんです。
実は昨日から落ち着きがないし、エサも食べないしで、心配していたんだけれど、今日文芸の同窓会に行くべく、おふろに入って上がって見たら、横倒しになってひっくりかえっていて…
何でだろう、うちの動物は必ず私に最初に看取られる。
まだあったかかったので、冷たくなるまでだっこしていました。
(ネコのテンちゃん(紛らわしいなぁ…)の時も、ミケちゃん(これもまんまだなぁ…)も、冷たくなるまで抱いていたなぁ…)

しろは姉がペットショップに勤務していた時に、脱腸・ヘルニアにつき餓死させる予定だった子ウサギで、姉が『許せん』と言ってもらってきた割には、9割私が世話をして育てました。
最初は耳がでかくてかわいい子だったんだけれど、年とともに体と脱腸部分だけ大きくなり…(苦笑)でも、呼べば振り向き、ビスケットを差し出すと暴れ出すいいヤツでした。
うちではじめての男子でもあります。d23c9f37.jpg

さっき、風呂に入れてやって、耳に綿を詰めて、ドライヤーをして、耳飾をして、ヒヤロンと一緒に棺(ジャパネットたかたのダンボールで申し訳ないが…)に入れました。
明日か明後日には火葬です。棺に余ったウサギフードを入れてやろう。
こんな日曜でも会社に行かなくちゃ。
ごめんよしろ。
縁起悪いかもしれないけれど、可愛い死に顔を見てやってください。
私の好きなジャビット君タオルは、しろにあげます。

at 18:11│Comments(2)family 

この記事へのコメント

1. Posted by 姉キ   2005年08月08日 14:59
1割しか面倒みてない姉です
カリスマペット店員『十文くん』に報告したところ
この前見せに言ったとき、あまり長くなさそうと
思ってたそうです
そんなこんなで今日は定時ダッシュです。
2. Posted by 玄の飼い主   2005年09月08日 16:43
最近頂いた残暑お見舞いのハガキを頼りに遊びに来て、
管理人様の近況を知りました。
この記事を読んだら今すっごく息が詰まって苦しくなってしまいました。
今更この話題を口にしたくないかもしれないけど、
多分管理人様のもとで愛情いっぱいに育てられて、
シロちゃんは幸せな一生を送れたと思います。
いつも思うよ、話を聞く度に、
管理人様にもらわれた動物たちは皆いっぱいに
愛されてるんだな、と。
私もきょうから更に増して玄たまを愛でようと思いました。
あの垂れた腹を揉んで揉んで揉みまくります!!!
揉みしだきます!!!
(恐らく胡散臭い顔で睨まれ、結果咬まれるでしょうが)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Amazon
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
livedoor 天気