2015年10月

2015年10月10日

秋の夜長の...

最近読書欲が回復してきました(。・ω・)ノ゙

8月から出張が続いていて、
長距離移動が新聞とビジネス書だけでは精神衛生上良くないので(笑)
久々に長めの小説を楽しんでいます

その中でも一気に読まされたのがこちら



ナイルパーチ、が魚の名前だとは知っていたけれども、
うん、その名の通り過激な作品でした
柚木麻子さんの本は初めて読んだけどいーーーやーーー怖面白い
これはどハマりしそう...

自分にとって"いい本"は、心臓に悪いと思いながら、
中毒的に一気に読み切る事が多い。
前にその感覚に陥ったのはこちらの本

その女アレックス (文春文庫)
ピエール・ルメートル
文藝春秋
2014-11-28


これは...もう、毎章思い描く犯人が違った挙句に全く当たらなかった(笑)
でも最後の終わり方好き(←刑事の友情に弱い)
推理小説は…もう、作者の思うがままに騙されながら読んでます

出来れば2週に1本は読みたい。
良質な文章は心が豊かになる気がします。
 


yuzuli416 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)books 
Amazon
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
livedoor 天気