2006年09月

2006年09月24日

wedding party

今日は初めて!友人の結婚パーティーに行って来ましたラブ
旦那さんは大学の同ゼミ生で、強引なんだかココロ優しいんだかわからないけど何か男らしい人。
奥さんは、待ち合わせに遅刻したとき、「スラムダンクを読んだらとまらなくなって…」と言っていたファンキーな美人さん。
カップルで居ても回りに害を与えない素敵なお二人さん。
23歳同士にして、グアムで挙式してきたつわもの達。いや、海外ってーのはアリだよ、アリ。本当に親しい人しか来られないものね。
昨日は2人の友人を集めたパーティーだったんだけど、非常によかった!パーティー慣れしているお店のようで、オシャレで広かったし。
幹事さんもよぅ働いていて、勉強になりました…(私の周り、籍入れた人は多いけど式挙げたひとが少ないので…)

今は式を挙げない人も沢山いるらしいけど、やっぱり沢山の人に祝われたらお互いの気持ちもより強くなるんだろうな、と2人を見ていて思いました。2人の式は、現代人の理想だなぁと。親戚同僚知人友人全てーーーとかなると、大変だからね。

最後にケーキカットの写真をちょこっと。末永くお幸せに…ドキドキ大
cake.bmp

at 22:52|PermalinkComments(1)love 

24

沢山のお祝いメール&TELありがとうございましたプレゼント
去る21日に無事に24歳の誕生日を迎えました…んー、昔ほど感慨がないよね…それよか仕事が、仕事が!!!!みたいな(苦笑)1日前が誕生日の友人も、「仕事めっさめさだった…」って言っていたし。
記念日に浮かれられないというのは、結構辛いもんですね、浮かれっぽい自分にとっては…幽霊(相方には、 「どれも同じ1日じゃん」と8年間言われ続けております…相方はアンチ記念日派、男性では共感者多いのかしら??:苦笑)

朝の6時から23時半まで祝われて、素敵な1日でした。
ちなみに、今年一番デカイプレゼント……それは自転車
jitennsha.bmp
高1の夏から乗り続けていた愛車がさすがにキテるので(パンク修理10回、チューブ交換1回…買えよ!)姉が買ってくれました…高級自転車を!!
レンジローバー!7段変速!

(24歳にして初めてギアチェンジをしました…自転車にギアとは贅沢な…)まだ人のチャリを借りているような感覚です自転車

盗まれる前に、皆に見て欲しいので(泣)写真を載せます。
普通のチャリに見えるけど、裏っかわがなんかスゴイことになってんのよ。




ちゃんと自転車屋さん(セオサイクル)で買ったんだけど…店員に知識をひけらかす自転車マニアが大勢居て、引き取りに時間かかったわぁ…ハート割れ
クルマさながらにパーツとか、ウェアとか細かく売ってるのにびっくりしました。
自転車は、盗み盗まれるものって、誰かが言ってたけど、コイツは心配だなぁ…

at 22:29|PermalinkComments(1)murmur 

2006年09月18日

部下が出来ました

月初の人事異動で、はじめて正式に部下が出来ました…赤ちゃん(正社員の部下ね)
研修だなんだと色々あって、一緒に働き始めたのはこの1週間なんだけれども、部下がいるってーのは…なんつーか不思議な感触だね。どんどこ仕事を任せられる反面、マネジメントもする。親子のような、兄弟のような。でも年は一歳しか違わない、本当に不思議な存在です。(※別に部下は不思議ちゃんではない)

先輩・後輩関係が大嫌いだった学生時代から(いや、多分中学生女子のとかは本当にくだらん)、社会人になってそらマズイと気づき、何とか更生してきた自分にとっては、喜ばしい存在。何とかこう、立派になってほしい。私の代わりに…(苦笑)
自分が仕事ができないながらも、面倒を見る心が生まれるというのはすごいね。

彼女が育たなかったら、私のせいですんで…頑張りますダメ

at 18:30|PermalinkComments(2)buisiness 

2006年09月09日

転職時代に寄せて

16時間
先週の日曜と、今日の睡眠時間↑↑↑(苦笑)
長すぎるなぁとちょっと反省。お手洗いに起きることもなく、ひたすら眠り続けてしまいました…
どんだけ疲れてんだろ困った
自分の体が、少し心配です。(タフすぎて:笑)
社会人になってから、朝晩や土日の過ごし方まで緊張してしまう。
夜無理したり、休みの日にはしゃいだりっていうので、仕事に支障を出すわけにいかないから。好き放題できないのが、バイトや学生との一番の違いだなーと思う。

ところで、先々週?のR25の最終頁「空は、今日も、青いか?」という石田衣良さんのエッセイで、「大転職時代をひかえて」という記事があった。とても原理的で、深いなーと思ったんで、転記↓↓


『多くの人たちが、よりよい条件の仕事を求めて転職を開始した。再び好景気の大転職時代が始まろうとしている。だが、考えてみると、3人に1人がせっかく入社した企業を3年以内に辞めていくのだ。この割合は景気に左右されずに一定である。
そこでモンダイなおは、あなたの働く会社のことだ。これから、転職・離職は更に増えていくことだろう。
「やりたい仕事ができない」
「プライベートタイムがつくれない」
「自分のイメージしていた職場とは違う」
「仕事がきつい割に給料が安い」
「上司が嫌なやつだ」
「会社に将来性がない」
転職の理由ベスト10を選んだら、このあたりが上位にくるのは間違いないだろう。
けれど、少し考えてもらいたい。
それらの理由は、転職の危険性を冒すに見合うほど重大だろうか。
やはり日本ではまだ転職⇒再就職に対するマイナスイメージが残っている。
実際に、賃金も会社の規模もダウンサイズする可能性が高い。長い目で見ると、不利になる場合も少なくない。

更に会社側へのダメージもある。ひとりの社員を一人前に育てるまでにま、たいへんなコストがかかる。別な仕事をしたい、夢をあきらめられないといった理由で、簡単に仕事をやめていく30%の人間に、企業は大きなダメージを受けるのだ。
職場の人間やクライアントへのショックも大きい。(中略)
これからくる大転職時代に向かって、ますます慎重な姿勢が求められるのではないか。少なくとも今の会社のメリット・デメリット、転職後のメリット・デメリットくらいはしっかり考えてみよう。
それでもどうしても離職したいというのなら、それは自分の人生だから、とめはしないけどね。』


衣良さんらしい文章で(笑)
やっぱりモノ書きの人は、人の心を打つのがうまいなぁ…(まーそれが仕事だからね:笑)衣良さん自身、何度も転職をしての意見だから、なおさらかも。

私が就職と離職について決めているのは、
・「嫌だ」という理由で逃げ出さないこと(次の会社も同じ理由で辞める)
・諦めるのは全力を出してから(お金をもらう=プロ)
・病気になるまで我慢をしないこと(死んでからじゃ遅い)
・犯罪に手を貸さないこと(当たり前だ)


実際に自分の周りも、離職や転職や結婚がホント多くて、その奔放さや思い切りのよさに憧れるときもあるけれど、毎月くる引き落としの為に頑張ります!(そこか!)


at 21:10|PermalinkComments(2)books 

キャットストリート

最近、姉が買ってきた漫画
「キャットストリート」神尾葉子
「正義の味方」聖 千秋

が立て続けにmyヒット。歯磨きの時に必ず読んでいます(行儀悪い)

神尾さんは…やっぱり優れた漫画家さんだなーと思う。大体超人連載を長期やると、そのあとの作品が泣かず飛ばずだったりするんだけど、キャラ立てやストーリー展開に迷いがないから、読んでて楽しい。舞台がフリースクールってーのも何か今的。

聖さんは…モンダイアリの作品も楽しく書いちゃう、読んだあとに爽快感が残る作品を書く。まー漫画読んだあとにおもーーーーい気持ちになってもしゃーないからなぁ。(最近は結構リアリティあるものが流行ってるけど…)

よく、「漫画なんか読みそうにない」と言われるけれど、結構読んでますし貸されたら読んでしまう派です。1冊10分かからない(社会人にはいらない速さ:笑)
皆さんもオススメ漫画あったら是非教えて(むしろ貸して)下さい。


at 21:02|PermalinkComments(0)books 
Amazon
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
livedoor 天気